泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科について

膀胱炎、尿路結石、前立腺肥大症、尿失禁などのほか、性行為感染症ED、男性更年期などにも対応します。
また前立腺癌、腎癌、膀胱癌などの早期発見にも力を入れています。
最近話題のOAB(過活動膀胱)間質性膀胱炎にも対応いたします。
当院では院外処方を行っておりますが、ED男性脱毛症のお薬は医師が直接お渡し致します。

ご来院時のお願い

泌尿器科を診察される方は、来院前の排尿を行わないようお願い致します。

前立腺の疾患について

前立腺とは、成人男性の場合15~20gのクルミのような形をした男性だけにある臓器で、膀胱より足側にあって、中に尿道が通っています。
一部が直腸に接しているため、直腸の壁越しに指で触れることができます。
前立腺は生まれた時はわずか1gほどで、思春期になると男性ホルモンの生産により生長し、精液の一部を作るようになります。
また、前立腺にも他の臓器と同様に病気があり、早期にみつけることができれば治る可能性の高いものばかりです。
このページでは、そんな前立腺の様々な疾病をご紹介します。
お心当たりの有る方は、一度診察を受けられる事をお勧め致します。

男性なら知っておきたい! 前立腺の病気

前立腺肥大症
前立腺肥大症は、男性ホルモンの影響により加齢とともに肥大した前立腺が尿道を圧迫し、おしっこが出にくいなどの症状が現れる病気です。
トイレのことが気になったり、夜中にトイレに何度も起きるなど、生活の質(QOL)を著しく低下させることも少なくありません。
前立腺肥大症は、50歳以上の男性の5人に1人が前立腺肥大症といわれておりますが、早い時期に適切な治療を受ければ症状の悪化を抑えることができます。
50歳を過ぎてから、「夜間トイレに行く回数が増えた」「おしっこを我慢できない」「おしっこの切れが悪い」「残尿感がある」などの症状を感じている人は、前立腺肥大症の疑いがありますので医師に相談することをお勧め致します。
前立腺がん
前立腺がんは主に外腺(辺縁領域)に発生します。
早期の前立腺がんには自覚症状がほとんどなく、がんが進行してきてはじめて、尿がでにくい、排尿時に痛みを伴う、尿や精液に血が混じるなどの症状が現れるようになります。
そこから進行すると、がんが臀部と腰の骨を中心とした体内の他の場所に転移してしまいます。骨に転移した場合には、骨痛があらわれることがあります。
前立腺がんは進行が遅いため、早期発見できれば治る可能性が高いがんですので、前立腺がんになりやすい“50歳以上の男性”“40歳代でも前立腺がんの家族歴がある男性”また“最近おしっこの出具合が悪いなどを感じている男性”は、ぜひ前立腺がんの検査を受けることがすすめられます。
前立腺がんは、近年の日本において急激に増加してきている病気で、2020年には前立腺がん患者は約7万8千人、男性のがん患者の6.4人に1人が前立腺がんになると予想されています。
前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA検査(血液検査)を自費でもおこなっております。
前立腺炎
前立腺炎とは、尿道から大腸菌などの細菌が前立腺に侵入するためにおこる炎症です。
下腹部にさまざまな鈍い痛み、あるいは不快感が現れます。
30~50歳代の男性によくみられ、日本でも年間60万~100万人の患者さんがいると推定されています。
排尿痛や残尿感などの症状があらわれたり、急性の前立腺炎では高熱が出ることがあります。
前立腺がんなどとは違って命に関わる病気では有りませんが、慢性的で治りにくい事が特徴です。
しっかりと治療を行っていく事をお勧めします。
前立腺痛
前立腺痛とは、前立腺には異常がないにもかかわらず、お腹の下あたりや肛門と生殖器の間(会陰部)に痛みを感じる病気です。
原因として、前立腺や膀胱のまわりの筋肉の機能障害、ストレスなどが考えられています。
前立腺結石
前立腺結石とは、前立腺の分泌液が石灰化(カルシウムやマグネシウムがたまって硬くなった状態のこと)して石ができる病気で、症状は殆どありません。
前立腺肥大症の検査を行っているときに発見されますが、特に害がないため治療や取り除かない事がほとんどです。

早期に発見のために注意したいこと

早期に発見のために注意したいこと

前立腺の病気の発見には、専門の医師による診察と検査が必要です。
また、ご自身でもおしっこの出具合の悪さの程度を判定する国際前立腺症状スコアを用いることで、前立腺を自己チェックすることができます。
国際前立腺症状スコアが中等度以上であれば、医師に相談することがすすめられます。
しかし前立腺がんは、初期段階の自覚症状がほとんどあらわれないため、特に症状がなくても前立腺がんになりやすい“50歳以上の男性”や、“40歳代でも前立腺がんの家族歴がある男性”は、前立腺がんの検査を受ける事をお勧めします。

膀胱の疾患について

過活動膀胱とは
過活動膀胱とは「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す病気です。 過活動膀胱では、急に尿意に襲われて我慢できないと感じる尿意切迫感や頻尿、また、本来は尿の生成が行われない夜間に頻尿症状があわれるといった症状があります。基本的に、昼間はトイレへ行く回数は7回ほど、寝ている間は0回が正常とされています。
過活動膀胱の原因
何らかの原因で膀胱の神経が過敏にはたらいてしまう場合や、原因が特定できない場合もあります。いくつかの原因が複雑にからみあっていると考えられています。この原因の特定できないものや加齢によるものが、実際には最も多く存在しています。
過活動膀胱の治療
過活動膀胱は、40歳以上の方の約12.4%が罹患しているというデータが発表されています。高齢者になるほどその率は高くなるとされています。過活動膀胱かな?
と感じたら、早めの受診をお勧めいたします。その際、1日の排尿状態を記載した資料などを持参頂くと、診断がスムーズになります。
神経因性膀胱(神経のトラブルが原因)
脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの脳の障害、脊髄損傷や多発性硬化症などの脊髄の障害の後遺症により、脳と膀胱(尿道)の筋肉を結ぶ神経の回路に障害が起きると、「膀胱に尿がたまったよ」「まだ出してはいけないよ」「もう出していいよ」「膀胱を緩めるよ(締めるよ)」「尿道を締めるよ(緩めるよ)」といった信号のやりとりが正常にはたらかなくなります。その結果、膀胱に尿が少ししかたまっていなくても出たくなったり、逆に尿が出にくくなったり、「締める」「緩める」の連携がうまくはたらかなかったりした状態を言います。
腹圧性尿失禁
骨盤底筋のトラブル
女性の場合、加齢や出産によって、膀胱・子宮・尿道などを支えている骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることがあります。そのために排尿のメカニズムがうまくはたらかなくなり、失禁が起こります。
間質性膀胱炎とは
間質性膀胱炎とは、普通の膀胱炎と違って粘膜だけでなく筋層などにまで及ぶ膀胱壁全体の炎症です。この間質性膀胱炎は通常の膀胱炎と症状は似ているのですが、細菌によるものではなく、間質と呼ばれる上皮と筋肉の間に炎症を起こし、膀胱の筋肉を圧迫することによって発症すると言われていますが、実際にははっきりした原因がわかっていないのが現状です。
間質性膀胱炎の原因
間質性膀胱炎の原因は一つではなく、多くの要因(機械的刺激、アレルギー性、免疫学的、神経血管性、感染、環境)が 関与していると考えられています。 一般的な膀胱炎とは違って細菌が原因ではないために、通常であれば効果がある抗生物質や抗菌剤を服用しても、まったく効き目がありません。
そのため、ストレスが原因だとされてしまい、「実は間質性膀胱炎だった」ということが分かるまでに長い期間を要することもあります。
間接性膀胱炎の治療
間質性膀胱炎の治療方法は、患者さんによって様々です。全ての患者さんに有効な治療薬もありません。ある患者さんに効いた薬が、他の患者さんでは効果がない場合もあります。治療には、内服薬による治療や外科的治療があります。
的確な治療を行うためにも、なるべく早めの受診をお勧めいたします。
ご予約・お問い合わせはお気軽にご連絡下さい 診療時間

▲:土曜午後は14:00~16:00となります。
※平日の午後は18:30までに受付をしてください。木曜日は、認定産業医としての活動も行っております。